日本自動車博物館 名車解説ブログ

日本自動車博物館おおぶち博士の名車解説です。(展示車は予告なく変更されることがあります。)
三菱 ミニカ
三菱 ミニカ 1967年(昭和42年)




■全長/全幅/全高 2,995×1,295×1,345mm ■車両重量 490kg
■エンジン 空冷2サイクル2気筒 ■総排気量 359cc
■最高出力 21ps/5,500rpm ■最大トルク 3.2kg-m/3,500rpm
■変速機 4速MT ■最高速度 86km/h ■乗車定員 4 人


 61年に登場した軽ボンネットバン、をベースに、ほぼ共通のドライブトレーンやプレスを用い、車体後部構造と グリルデザインを変えることで、4人乗りの軽自動車に仕立てられたものである。
 センターピラーから後ろをノッチバックスタイルに変更、リアウインドウを垂直に立てることで、乗用車としての ヘッドクリアランスを得た。
 駆動方式もベースモデルと共通のフロントエンジン・リアドライブで、リアエンジンが一般的だった当時自動車の中 では、最も広いトランクを備えることがセールスポイントであった。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
日本車 その他 : comments (x) : trackback (x)
Feb.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。