日本自動車博物館 名車解説ブログ

日本自動車博物館おおぶち博士の名車解説です。(展示車は予告なく変更されることがあります。)
マツダ コスモスポーツ
マツダ コスモスポーツ 1968年(昭和43年)



■全長/全幅/全高 4,130×1,595×1,165mm ■車両重量 960kg ■エンジン ロータリーエンジン(2 ロータ) ■総排気量 491cc×2 ■最高出力 128ps/7000rpm ■最大トルク 14.2kg-m/5000rpm ■変速機 5 速MT ■乗車定員 2人


1967年5月(昭和42年)から市販化された我が国初のロータリーエンジン車で全高1165mmと いう非常に低い2座スポーツに仕上げられた。
後のド・ディオン・アクスルは、バネ下重量を軽くできるという利点を持つが、コスモの場合はむしろ プロペラシャフトのトンネルを下げてボディを低める事が狙いのようだ。
昭和42年5月から5年3ヶ月にわたり月平均20台弱生産し昭和47年9月まで累計1176台を 造って生産を中止した。
この車両は中期型である。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
マツダ : comments (x) : trackback (x)
Mar.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。