日本自動車博物館 名車解説ブログ

日本自動車博物館おおぶち博士の名車解説です。(展示車は予告なく変更されることがあります。)
スズライト フロンテFEA 況
スズライト フロンテFEA 況拭1967年(昭和42年)




■全長/全幅/全高 2,995×1,295×1,380mm ■車両重量  525kg
■エンジン 空冷2ストローク2気筒 ■総排気量 360cc         
■最高出力 22PS/5,000rpm ■最大トルク  3.1kgm/3,500rpm
■トランスミッション 4段M/T ■最高速度 85km/h ■乗車定員 4人


この車両は、スズキで唯一の乗車であったスズライトフロンテTLA型のモデ ルチェンジ版としてFEA型が登場しました。サスペンションは4輪独立懸架式、 駆動方式が前輪駆動式、エンジンは2サイクルの分離給油方式が(セルミックス 式)採用されました。1967年当時の大卒初任給が26,200円のところ、発 売の価格は38万円でした。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこち
日本車 その他 : comments (x) : trackback (x)
ダイハツ フェロー
ダイハツ フェロー 1967年(昭和42年)




■全長/全幅/全高 2,990×1,290×1,350mm  ■車両重量 515kg
■エンジン 空冷直列2気筒2サイクル ■総排気量 356cc
■最高出力 23ps/5,000rpm ■最大トルク 3.5kgm/4,000rpm
■変速機 4速MT ■乗車定員 4人



ダイハツ初の軽四輪乗用車として1966年にデビューした。
角張った2ドアボディ(プリズムカット)に合わせて、ヘッドランプまで角形にする拘り様だった。
サスペンションは凝ったつくりの独立懸架方式を採用した。
室内は大人4人が無理なく乗れるスペースも確保されていた。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこち
日本車 その他 : comments (x) : trackback (x)
マツダ キャロル360 4ドア
マツダ キャロル360 4ドア 1966年(昭和41年) 




■全長/全幅/全高 2,980×1,295×1,340mm ■車両重量 525kg
■エンジン 水冷直列 OHV4 気筒 ■総排気量 358cc
■最高出力 18ps/6,800rpm ■最大トルク 2.1kg-m/5,000rpm
■変速機 4 速M/T ■乗車定員 4 人


 特徴は軽乗用車でありながら、ボンネット、キャビン車体後部のエンジンルームが外見的に分離した「完全3ボックススタイル」を用い後部座席背面のリアウインドウ部分はガラスを垂直に立てた「クリフカット」型として、ヘッドクリアランスの確保とエンジンフードの開口面積を稼ぐ手法を採ったことである。
 このデザインは、イギリスのフォード・アングリア1959年などとよく似たデザインである。
パワートレーンも当時の軽規格の360ccながら、水冷4ストローク直列4気筒OHVのアルミシリンダーエンジンで、それをリアに横置き搭載した後輪駆動車である。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら

マツダ : comments (x) : trackback (x)
三菱 ミニカ
三菱 ミニカ 1967年(昭和42年)




■全長/全幅/全高 2,995×1,295×1,345mm ■車両重量 490kg
■エンジン 空冷2サイクル2気筒 ■総排気量 359cc
■最高出力 21ps/5,500rpm ■最大トルク 3.2kg-m/3,500rpm
■変速機 4速MT ■最高速度 86km/h ■乗車定員 4 人


 61年に登場した軽ボンネットバン、をベースに、ほぼ共通のドライブトレーンやプレスを用い、車体後部構造と グリルデザインを変えることで、4人乗りの軽自動車に仕立てられたものである。
 センターピラーから後ろをノッチバックスタイルに変更、リアウインドウを垂直に立てることで、乗用車としての ヘッドクリアランスを得た。
 駆動方式もベースモデルと共通のフロントエンジン・リアドライブで、リアエンジンが一般的だった当時自動車の中 では、最も広いトランクを備えることがセールスポイントであった。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
日本車 その他 : comments (x) : trackback (x)
トヨタ GB
トヨタ GB  1941年(昭和16年)




■全長/全幅/全高 6,412×2,190×2,200mm ■車両重量 2,600kg
■エンジン OHV6気筒 ■総排気量 3,386cc
■最高出力 78ps/3,000rpm ■最大トルク 21kg-m/1,600rpm
■変速機 前進 3 段 後進 1 段


トヨタGBになってからトヨタトラックは街でよく見る様になりました。
又、地方でも多く用いられました。
この車の特徴はエンジンの部分はシボレーによく似ており、足まわりとしてはデフの構造及びプロペラ、シャフト全体にカバーつき三角ロッドが有る等は全くフォードによく似ています。
尚この車は現在日本にあるトヨタトラックとしては日本で一番古くそして当時の面影を残していると言われています。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
トヨタ : comments (x) : trackback (x)
シボレー トラック
シボレー トラック 1939年(昭和14年)




■全長/全幅/全高 2,995×1,295×1,345mm
■エンジン OHV6気筒 ■総排気量 3,548cc
■最高出力 78ps/3,200rpm ■最大トルク 22.6kg-m/1,550rpm


昭和15年 支那事変−華南作戦に参加。
(同種)当時アメリカは先進国だけあってシボレートラックは悪路に強く頑丈 にできていた。
大阪造幣局が購入した車だけでも70台もあった。
なお一台の価格は約4,000円であった。
第 4 師団(大阪)がこの華南作戦に参加し活躍をした。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
外車 アメリカ製 : comments (x) : trackback (x)
日産80型 セミキャブオーバー 
日産80型 セミキャブオーバー 1939年(昭和14年)




■全長/全幅 4,699×1,905mm
■エンジン 直列6気筒SV ■総排気量 3,670cc
■最高出力 85ps/3,400rpm ■最大トルク 23kg-m/1,200rpm


セミキャブオーバーとはボンネットタイプとキャブオーバータイプの中間の スタイルをさす。日産では80型がトラック、90型がバスの形式を表すが、 この車は戦後病院の救急車として活躍していたものである。
屋根の垂木などは木材が使われており、当館におけるレストアに際してもそ の骨組みは木材で忠実に再現している。



この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
日産 : comments (x) : trackback (x)
トヨペット スーパー
トヨペット スーパー 1953年(昭和28年)




■全長/全幅/全高 4,280×1,590×1,600mm ■車両重量 1,315kg
■エンジン 水冷直列4気筒OHV ■総排気量 1,453cc
■最高出力 48ps/4,000rpm ■最大トルク 10.0kg-m/2,400rpm
■変速機 前進3段 ■当時価格 102万円


ボディデザインは、55年にデビューするトヨペット・クラウンに通ずる曲線を多用した美しいもの。
ボディの制作は、関東自動車工業と新三菱重工業の2社に委託、前者製をRHK、後者製をRHNと称す搭載されたエンジンは当時の国産車としては破格の性能であった。このトヨペット・スーパーを使用したタクシーは、その速さから「神風タクシー」と呼ばれた。
他メーカがノックダウン生産を行なっていた時期に、トヨタは海外メーカーに、ひけをとらない車の制 作を行なっていた。
現在トヨペットスーパーはこの一台だけが現存していると言われている。



この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
トヨタ : comments (x) : trackback (x)
トヨペット マスター
トヨペット マスター 1955年(昭和30年)



■全長/全幅/全高 4,275×1,670×1,550mm ■車両重量 1,210Kg
■エンジン 水冷直列4気筒OHV ■総排気量 1,453cc
■最高出力 48ps/4,000rpm ■最大トルク 10.0kg-m/2,400rpm
■変速機 前進3段 ■乗車定員 6人 ■当時価格 91.48万


トヨペットスーパーのシャシーをベースに、全長と全幅を拡大したボディはデ ザインも一新されタクシー用の商業車として開発され、室内ではフロントシート やトランクスペースをある程度犠牲にし、リアシートを重視してつくられた。
又ボディの設計製造は、関東自動車工業が担当し国内だけでなく海外での評価 も非常に高かった。そのため左ハンドルモデルや2ドアのコンバーチブルなどが制作 され、海外に輸出されていた。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
トヨタ : comments (x) : trackback (x)
MG ミゼット Mタイプ
MG ミゼット Mタイプ 1929年(昭和4年)



■全長/全幅 3,06×1,22mm ■車両重量 508kg
■エンジン SOHC4 気筒 ■総排気量 847cc
■最高出力 20PS/4000rpm ■最高時速 104.6km/h
■変速機 3速MT ■乗車定員 2 人


1928年にスポーツカーとして造られた。当時の価格は£175であった。手ごろな価格の割に高性能だったので一躍その名を高めた。
ボンネットとボディ下部以外は木骨の上にファブリック張りであるので極めて軽量に作られている。


この自動車は、<日本自動車博物館>で展示しております。
日本自動車博物館 公式サイトはこちら 
外車 イギリス製 : comments (x) : trackback (x)
Apr.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。